Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
 夏の予定をたてようと、妹に電話をかけました。すると「うわっ、すごい声!」だとさ。
 4月の下旬に声が出なくなったり、咳が沢山出たりする風邪をひきました。それがこじれたのか、2ヶ月ほど結局続いてしまいました。そして7月に入った今、咳は何とかでなくなったものの、しわがれの濁声は続いています。喉をたくさんつかう職業なので、完治しないまま声を出し続けて3ヶ月もガラガラ声。もともと喉は弱めだけれど、こんなに濁りっぱなしなのは初めてです。声を出すのが辛い日もよくあります。いろいろとケアをしているけれど、発声法を改善しなきゃなんないかもなーと思う今日この頃です。

 さて、夏の予定のことです。
Img20060701235329
まきびしかっこよすぎ。(ピントあわなさすぎ。)
 まずは、「会いに行こうキャンペーン(仮)」実施。重い腰を上げて、ドイツに行っている間からご無沙汰している方々に、会いにいこうかなと思っています。っといっても、ほんの数名に。そして近場、関西圏ですが。あは。わたしは基本ヒトデナシだし、どんな友との連絡も無精しているため、そして出不精なため、誰と話しても会っても「めっちゃ久しぶり」になります。連絡を取り始めてさえいないのに、キャンペーンに向けてドキドキしています。
 一番のイベントは実家への帰省です。山中の家なので避暑になること間違いありません。1週間から10日間ほどの仕事を持っての帰省だけれど、涼しいってだけで、こっちにいるよりはかどるかもしれません。帰省して一番の楽しみは、何をする、どこに行くってことではなく、祖父母の側にいることかもしれません。姉妹そろってグランファザコン+グランマザコンなのですが、年を追うごとに、その傾向は強くなっています。穏やかに笑うふたりとのんびり過ごすのが、なによりのごちそうです。
 水曜、ちょっとした用で名古屋へ。安いビジネスホテルで一泊。廊下は煙草のニオイが染みついている。狭いシングルルーム。味気ない調度。シャワーで汗を流した後、付属の浴衣を着てベッドにごろん。自販機で買ったお茶を飲みながらテレビをON。だらだら見た。備え付けられた目覚ましの文字は、なんだか切ない。
 夜が明けて、ゆっくり始動。不味い朝食バイキングをそこそこに食べ、9時半にホテルを出る。初めての名古屋の地下鉄。平日のこの時間に、街にはなんて人が多いんだろう。
 名古屋駅そばの、トヨタ産業技術記念館 (Click!) に行く。特に繊維機械館を見るのが目的。楽しみにしていた。糸を紡ぐ技術、布を織る技術の進歩を堪能。説明係のおじさんも、コンパニオンの可愛いお姉さんも、非常に親切。お客さんが殆どいなかったので、1対1で懇切丁寧に説明をしてくれる。たくさんの質問にも丁寧に答えてくださる。関係者以外立ち入り禁止区域にまで質問に答えるために連れて行ってくれるサービス付き。最高。10時過ぎから2時頃まで、お昼ご飯も忘れて見入ってしまった。感動。
 一回ご飯休憩をとって、自動車館へ。さっき集中しすぎた疲れが、すっかりでてしまった。ほぼ素通り。ぼけーっと歩いていた。帰りの電車まではまだ少しあるので、記念館内の図書室で、豊田喜一郎に関する記事を読んで過ごした。ら、気持ちよくなって昼寝少々。

 博物館や美術館は、誰かと行くよりも1人の方が性に合っているとよく思う。気兼ねなく、気に入った場所に居続けられるから。……あるいは、そうやって気ままに過ごしても、無理せずいられる人と一緒に行きたい。
Img20060729222636
 とても気を遣い、とても気を張っていた1週間から解放されて、昨日今日の休日はウチにどっぷり。緊張と寝不足の反動がドン。動きたくない。体が重い。冷房の効いた部屋にいると、暑いところで汗をかいているよりも、頭が冴えるからか、小さな困ったことなのに、大げさにして悩んでしまう。今日の夕方になって、ようやく重い腰をあげて、自転車でぶらり。もうすっかり外も涼しくなっていて、顔にあたる風が心地良い。気分爽快。昨日悩んだことは、やっぱり大したことではない。あはは。妄想妄想。