Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
Img20051006203924
天気13℃霧がかかっています。 UV指数2 (12:50 ENGEN, Deutschland)

 クイが日本から運んでくれたお宝。ぴょんちゃん (Click!) からの本、新米富山のこしひかりーっ。なんと太っ腹10kg。みんちゃん (Click!) からの、ぐふふな雑誌たち。先日彼の実家に送ってもらって、4日手元に到着しました。コーフン。ぶひぶひぶひ
 新米を目の前に、旨さを想像。食べる前から、幸せ。うはは。お世話になりっぱなしのユキコさんにもお裾分けして、大切に頂きます。
 本や雑誌は、ニクイセレクト。早速開いた清水ミチコの顔マネ本に、爆笑。あほいーーっ。これは、期待以上だわよ、ぴょんちゃん。ぶわっはっは。それから、かなり嬉しかったのは、料理雑誌の餃子特集。ちょっと前に、ぴょんちゃんに「ウマイ餃子食べたい」とメールに書いたら「作るしかない」と激励してくれたんだが、その後押しがこれ。だんけー。クイにこねてもらいます(自分でやれってね。うほ)。ku:nelでは、文章が好きじゃない江国香織の文字も嫌いだということを発見したり、美人を見つけてちょっと嬉しがったり、お弁当にお腹が本当になったりしつつ、やっぱこの雑誌は自分では買わないなーと思う。ちょっと空気がニオウからね。このような自分の嗜好の再確認は、なかなか興味深い。グラビアアイドルは、全員同じに見えてくるのは、なんでだ。ぶひ
 ほんと、全部大切に読ませていただきますー。読み終えたらこちらの日本人網にのせるつもりでいます。ドイツ中の多くの日本人に見てもらえると、これまた嬉しいです。
 ぴょんちゃん、みんちゃん、それから運んでくれたクイ、本当にありがとー。
Img20051012034233
 土曜から休みをもらう。6時間以上電車に揺られ、久しぶりにエリカ (Click!) に会いに行く。途中、乗り換えるため降りたドルトムントDortmundの駅にて、今まで見たことのない量のネオナチに遭遇。右見ても左見てもネオナチ。歩いても歩いてもネオナチ。近くに遠くにも。うへー。長時間の移動で疲れてだらんとなった体が一気に緊張。害を被らないよう小さくなって小走りに次の電車に飛び乗る。この車両にはスキンヘッドは2人だけで、ちょっと一息。やっぱ北ドイツは違うなと思う。
 エリカ宅へ。早速その話をすると、確かに南より多いがそんなこと、普段はなく、ちらほらと見る程度だそう。きっと集会があったのだろうとのこと。
 と、そんな話をしていると、そそ~っと寄ってきたエリカ邸の雌ネコ、ミカ。ぶわっはっっ、チョビヒゲ。あんたヒットラーに似すぎ。タイミング良すぎ。
Img20051013204918
Img1b20051013204918
Img1c20051013204918
 今回、エリカ (Click!) と会って大して特別なことをしたわけでなく、ちょっと散歩に行ったり、ごはん食べたり、各自で本を読んだり。そんな何でもない時を過ごすのが気持ちいい。彼女とは、いつ会っても、会わなかった時間を超えて、まるで昨日も会っていたかのように違和感がありません。お互いに色んな変化があって、生活のステージも違っているのに。

 また、会おうね。
Img20051023212638
腹ペコで夕食を待つ。(金曜)
 木曜の晩から日曜の夕方まで、再び連休をもらう。数ヶ月ノン休日だったので今月連休続き。うほっ。

●木曜: 夜フライブルグへ。クリスティーネ宅訪問。休暇中のスーもデンハークからはるばる来訪。んー、久しぶり。積もる話。棒針で正方形に編んだものを縫って、白ネズミにしようと試みるも、弄っているうちに顔の潰れたホッキョク小グマ的物体になる。

●金曜: 朝寝坊。午前中で仕事を切り上げて帰ってきたクリスティーネをパジャマと推理小説で迎える。ブランチ頂く。その後、陽のあたるベランダでダラダラとシエスタ。午後2時、ようやく着替え、外へ。街を闊歩。快適な古い街と感じのいいお店。フリーマーケット、古本屋をあさり、菓子パンをパクつく。自転車で暴走。みんな日々の喧騒から抜け出して一息ついたらネジが数本抜けていた。夕食は玄米、蒸しブロッコリー、ピーナッツソース、サラダ。遅れてやってきたニネッテ(もフライブルク在住)と4人で深夜までユルユルな話したり、真面目な話したり。
●土曜: やはり寝坊。軽く朝食を摂って、クリスティーネの車でスーと三人で、黒い森(シュヴァルツヴァルト)を通って、わたしの住むまちエンゲンへ。森は黄葉・紅葉真っ盛り。針葉樹だらけな黒い森で、常緑な木ばかりだと思っていたので、その色づき具合に、ほぇ~っと驚く。めっちゃ綺麗。12時過ぎ、エンゲンではクイ、ユトレヒトから訪問してくれたイェッセ、その妹ハンナ、初めて会うイェッセの彼女アンネがわたしたちをお出迎え。どかっと総勢7名でテンション上がり、ウルサイくらい賑やか。クイの作ったケーキを食べた後、ボーデン湖へ。陽が差して、あったかい。ぷら~っと湖沿いを散歩。夕方エンゲンに戻って、クリスティーネと2人でまた散歩。歩き好き。牛に挨拶。部屋に戻ってスーとクイの入れてくれたお茶を頂く。ピタゴラ装置の映像をコーフンしつつ皆に示す。クリスティーネとスーはかなりハマったようで、3人で何度も熱い試写会。その間にクイが晩ご飯係を引き受けパスタを作る。頂く。かなり美味しい。心の友イェッセと2人で真面目な話。夜もふけた頃、クリスティーネとスーはフライブルクへ。またあおーーーーう!熱い別れ。再びイェッセと話し込む。深夜、クイと日本のTV番組DVD鑑賞。名医が数名たくさん神業手術をして手術シーンがグロい。でも気持ちよく就寝。
Img2a20051023212638
Img3a20051023212921
思い切り逆光なクリスティーネ。
●日曜: いい感じで寝入ったのに、変な夢見で寝起きがイマイチ。朝ごはんを準備。調子の悪いクイをおいておいて、オランダ人3人、イェッセ、アンネ、ハンナと食事。蘭語の嵐。独語・英語と似ていて半分解って愉快。ぷぷぷ。9時、イェッセ、アンネをお見送り。みんな帰って静かやなぁ。のんびりと本を読んで、おひるを作ってクイと食す。搾乳夜の部まで、ゆるり。

Sueスー・Christineクリスティーネ・Ninetteニネッテ: マンハイムで一緒に学生をした喋りすぎなマブダチドイツ人。 
Jesseイェッセ: 友だち以上恋人未満。ぶちゅ。クイの親友のオランダ人。
Channaハンナ: わたしの働くゼミナールで学生中。スリランカから来たオランダ人。
Anneアンネ: なぜかロシアの香りがするモンロー似純粋オランダ人。