Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
Img20050307040507
天気 -7°C 雪 / 体感温度-14°C (17:50 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 この冬一番の冷え込みとなったヨーロッパ、寒い寒い1週間でした。こちらは毎夜-20℃を下回り、-27.8℃を記録した日もありました。早朝は-15~-17℃。(鼻の穴の中が凍った。)昨日今日は雪まで降ってまだまだ冬景色です。日差しは随分強くなり、春を予感させるのに。
 そろそろウチの看板娘、乳牛Hellaヘラ (Click!) はお産。みんなであれやこれやと生まれてくる子牛の名前を考えて遊んでいます。雄だったら「のび太」だと主張するも、不評。ここではいつも雄を去勢するので、とても大人しくて、ぼよよ~んとしたとぼけた性格になることが多く、ぴったりじゃないかと。しかも、かなり可愛いんじゃないかと思うんですが…。「のび太」「のびちゃーん」と呼びたい。うししし。雌だったらなんでもいい(ことにする)ので、是非ここはひとつ雄牛命名権を託してくれないでしょうか。

2月にオランダから遊びに来てくれた友人Jesseイェッセとその妹のChannaハナ
 Jesseくらい頭のいい人に会ったことがない。IQの高さも物凄いが、実生活で「賢い」と人を唸らせる頭の良さだ。その上バイオリンがかなり上手く、辛口だが何を言っても許され、一緒にいて人を疲れさせないという、オニスゴパーソナリティー。ユーモアセンスを磨けば、もう向かうところ敵なし男である。来世で結婚したい男ナンバーワン。
Img20050308042145
天気 -4°C 体感温度-7°C (18:20 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 Hellaヘラ(13歳)が15時ころ雌牛を出産しました。Hella今回11回目(うち2回は双子で13頭目)にして初めての雌出産。元気に生まれてきました。めでたい。万歳。
 昨日の午後から兆候があらわれて夜の時点でかなり下りてきていたので、もしかして夜中にくるかなと思って昨夜は2~3時間おきに様子を見に行っていました。-20℃を下回る、かなり寒い夜で体が緊張したからか結局なかなか破水せず夜が明けました。午前中は日がよく照っていて、時々痛そうにはしていたけれど外でとても気持ちよさそうに過ごしていました。お昼をとってから、ちょっと仮眠をと思って部屋で15時までゴロゴロしてから牛小屋にいってみると…生まれたばかりの小さい子牛が!しまった、立ち会い損ねた…。ベテランらしく、するっと出てきたようです。よかったー。ベイビーは羊水の中で糞をしていたので、うんこまみれで黄色でした。うはは。とても丈夫で、生まれて15分後には立ってお乳を探し、少し助けが必要だったけれど初乳もよく飲んでくれました。継母としては嬉しい限り。名前はMollinaモリーナ。同僚の子どもJorindeヨリンデ(5年生)が名付け親です。(mollig=ふくよかな 独語)モリちゃんをHellaがペロペロと舐めてあげる姿が本当にかわいい。あとは、後産が上手くいくと一安心というところです。
 余談ですが、「Mollina」と「のび太Nobita」母音が同じなので「モリちゃ~ん」と呼びながら、何となく「のびちゃ~ん」と呼んでいるような気分になります。(「のび太」と名づけ損ねたが大満足の継母。)
Img20050412040956
 長かった冬が明け、やっと春の陽気。春というよりも一気に初夏を思わせるような気候になってしまいました。先週はとても寒くて氷点下20℃、今週+25℃。コートとマフラーから半袖シャツに一気に衣替えになりました。変です。わたしの体調もそのせいか変。消化システム不調。調子悪いついでに、弟の誕生日を1ヵ月間違え、間の抜けたおめでとうメールを送ってしまいました。4月なのになー。なんで間違えたんだか…ボーっとしすぎ。うは。
 モリちゃんは順調に育っています。よくミルクを飲む飲む。小屋の中でも跳ねて遊んで、とても力強いです。毎日首に縄を巻いて散歩させているんだけど、ちょうど中型犬のようで可笑しいです。散歩中、いろいろな物が目に入って気になるようなのですが、特に鶏に対する興味が旺盛です。傍までは近づいて行かないのだけれど、ずっと動きを目で追っています。近々鶏用の庭に連れて入ろうかなと思っているところです。

 外で遊ぶMollina。飛び跳ね、走り回り、とても元気です。