Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
 2日、3日とビザの手続きでまたマンハイムに出かけていました。今回の電車用に持って出かけた本は文庫2冊。読みかけだった林真理子の『ロストワールド』と祥伝社文庫の『蒼迷宮』という10人の女性作家の短編ミステリーを集めたものです。きっとわたしを知っている人なら意外だと思う2冊でしょうが、面白く読みました。これは2冊ともごはんのところにも書いた、近くにお住まいのユキコさんからお借りしたものです。日本にいたら選択肢が多い分、よっぽどのことがない限り自分じゃ買ったり借りたりしないだろうと思われるものもドイツに来てからけっこう選ばず読んでいます。この2ヶ月ほどでは今まで手付かずだったミステリーがなかなか面白いということが判明。思わずはまっちゃって時間を忘れて読んでしまったりも。笑。こういうふうに目の前にあるものを端から読む(選ばないで読む)っていうことで新しいものを知ることができて、ありがたいなぁとも思っています。(まぁ、わたしは特に趣味が読書というわけでないので、何を読んでも未知の世界っぽいけど。笑)最近では手当たり次第という感じでちょっと節操ないんですが。うひ
 今日も車中ずっと読んでいたのですが、最後の方になって「あー、読み方間違えた」と…。長編を2冊だったら良かったのですが、短編を続けてずーっと(特に最後の3時間はすごい勢いで)読んでしまったのはヘビーでした。しかも作家が全て違うのがもっと悪かったのです。もともと何でも集中しすぎるところがあるのですが、読んでいてもその世界にどっぷり。今回短編が10ということは10の別世界にどっぷり浸かったわけです。短編は展開早いし、それぞれ事件が盛りあがるしで大変大変。それプラス『ロストワールド』の世界で11。2日間で11世界を一気に体験してしまって、しかも現実世界も2つの場所を移動している。笑。帰りの電車を降りてから部屋に向かう道で、なんだか頭の中がふわふわふわふわして変な気分でした。色んな時間や空間や雰囲気をどばっと体験してちょっとおかしな疲れ方をしました。奇妙な脱力感。ひとつひとつの作品の内容より、このおかしな後味が記憶に鮮明です。しかし次回は気をつけようと思いつつあと2冊手元にある『○迷宮』シリーズ(同じように10人の女性作家でミステリー10話ずつ)も一気に読んでしまいそうな。。。むむむ。
Img20041111000434
天気 -2°C 雪と雨 / 体感温度-4°C (7:20 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 11月に入り、ぐっと冷え込むようになりました。毎朝霜柱も立って外に出るたび冬を感じます。今朝は雪。木の葉や街の屋根が真っ白でした。お昼前には全て融けましたがまた今晩から明日の朝にかけて降るようです。牛たちにとっては冬の寒さはなんてことなく、外でくつろいで反芻もぐもぐ。鶏もとても元気。でもいつも見かける黒猫が今日は出勤して来ず。寒いから?うはは
 鶏は今卵産み休憩の時期。冬休みです。毎年この時期に餌をあまり食べず羽を全部落とし卵を産まなくなります。そしてまた新しい羽毛をつけてから産み始めるのです。日本にいた時毎日のように食べていた卵ですが、それにも旬(のようなもの)があることをドイツに来てから知ったのです。(大きな養鶏所では卵を産まないこの時期に屠殺されるため鶏の寿命は1年だそう。あるいは人工的に環境をコントロールして季節を変えて冬にも産めるようにしているところもあるということ。)
 牛も冬支度中です。毛を動物用電気バリカンでカットしています。これから牧草地に出ることが殆どなくなり、ずっと牛舎の中で過ごすことになる牛たち。外で過ごすよりもずっと体が汚れます。狭い牛舎の中で横になると、そこに糞があることもしばしば。毛が短い方がその糞が体に付きにくいのです。今日は乳牛2 頭を丸刈りしました。約3時間半で終了。バリカンが結構重いので筋肉がピキピキ。次は小さな雄牛の晩です。3つ目の写真の2頭なんですが、雌牛よりすでに(というかいつも)随分うんこまみれで汚いので、「丸洗い→ドライヤーがけ→丸刈り」となります。明日1 頭終わると嬉しい。

雪が降って嬉しがって沢山撮った中からの4枚。
1. 地面は暖かいので雪はすぐ融けるが、落ち葉の上に積もったものはしばらく残っていた。
2. このバスタブは雪見風呂用ではない。残念。笑
3. ウアスとレオン。朝牛舎に行くとこの2頭が毎日お出迎え。おはよー。
4. 超着込んでの作業。今季初、羊毛ズボン下(スパッツ?)を履いた。もこもこ。
Img20041120171907
天気 1°C もや / 体感温度-2°C (12:50 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 毎日外で働くので天気予報はヘビーチェック。プチにもういっこ日記のページができたら「天気の記録」が第一候補。

 ここ1週間のリズムをメモっておこう。
6:30 起床:起きても真っ暗。日の出がどんどん遅くなる。日曜7:23→土曜7:33
6:45 目覚まし係:牛用の鐘をならして生徒を起こしている。
7:00~7:15 ちょっとしたオイリュトミーの練習
7:15~ 朝食:生徒約20人と一緒に。起きて来れない者が多い。
8:30~ 牛舎・畑:ひとりで外の仕事。
10:30~12:30 生徒との作業の時間:合唱→牛舎(搾乳・掃除など)
12:45~15:00 昼食、昼休み:いつもよりなぜか少食。
15:00~18:15 牛舎、繕い物、掃除、生徒といっしょに授業など
18:30~ 夕食:昨日ブレッツェルが出てホクホク。
(19:00~ 牛舎)
 就寝までいろいろと(日によって特別授業や催し物、職員会議、自由時間)
24:00~26:00頃 就寝:編み物を始めると時間を忘れてしまってついつい夜更かし。

 今までより30分から45分早く起床中。朝にオイリュトミーをして少し体を動かすと気持ちいい。編み物での肩こりが解消。数週間弾いていなかったピアノを再び。足元が冷えると調子が崩れる。頭寒足熱だな。自分の部屋、シャワー室、トイレの掃除をさぼっている。あ、トイレで読書はやめよう。長居しすぎる。


1. 右の建物が牛舎。雪の日に。
2. 白い
Img20041120060226
天気 1°C 曇り / 体感温度-3°C (22:00 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 昼休みの間部屋でいろいろしていてふっと気付いたら外は雪ごーごー。今日降ると言う予報はあったのですが、ついさっきまで晴れていたのにいきなり真っ白でびっくり。思わず「わお」っと独り言。笑。手前は灰色の空で雪が勢いよく降り、遠くの山際は晴れて。綺麗で見とれてしまいました。雪はあっという間に止み、4時ごろ外に出ると空は澄んで高く、青が綺麗でまた思わず「わお」。そういえば「わお」ってこのごろ口癖かもしれない。変やな。
 4時からは雄牛ウアス(去勢済み・約1歳8ヶ月)の毛の刈り込み大作戦。1時間かけて毛を洗い、1時間かけて乾かし、1時間かけて全身バリカンで刈りました。牛専門トリマーと呼んでいただきたい(嘘)。糞でドロドロな部分は、それを取らないとバリカンの歯がすぐダメになってしまう(糞の中にある干草の繊維で歯が傷む)のでかなり念入りに洗わなければなりません。太腿や首筋がかなりきていました。思いのほか普通雄牛が汚すお腹の辺りがきれいだったのでラッキー。少し手間が省けました。それから物凄く助かったのは、今回日本人ゼミナリスト(生徒)のあっちゃん(20)が時間があるというので手伝ってくれたこと。嬉泣。1人でやってたら終わんなかったかも。(考えたくない。うほ)それに、ウアスが物凄く大人しくて全ての作業がかなりスムーズに進行。3時間もよく耐えてくれました。ありがとうウアス。←ていうかほんと可愛い(継母馬鹿)。先週からずっとやりたかったのにやれなかったので作業の後は気分爽快。心地よい疲労感。これでいい週末になりそう。(単純)


1. ベランダから。晴れていた遠くではない。
2. ひざの裏を刈るのに苦心しているわたし。
3. お腹を刈るあっちゃんと心配そうなウアス。
Img20041120170521
天気 -2°C すこし雪 / 体感温度-7°C (8:50 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 日の出 7:43 / 日の入 16:48
 自前のドライヤーで昨日ウアスを乾かしたのだが、自分の髪を乾かすとウアスの臭いがする。シャワーを浴びても結局牛臭い。一瞬「やばい」と一般的に反応するも、そんなのもありかなと思ってしまう。

. . . . .
天気 -2°C もっと雪 / 体感温度-5°C (10:20 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
 雪が降る降る。メモメモ。
Img20041129010423
天気 2°C もや / 体感温度-1°C (16:20 ENGEN, Deutschland)  (Click!) 
日の出 7:54 / 日の入 16:42
 アドヴェント(待降節)を迎えました。ドイツ中でクリスマス市も始まりました。ここエンゲン (Click!) の街でも昨日今日と2日間行われ、大いに賑わっています。昨日の午後、市をぷらぷら歩いた後ユキコさん家にお邪魔しました。ちょうどアドヴェントの飾りつけの真っ最中でわたしもクランツ作りに参加。針葉樹の香りがたまらんです。大好き。べらっとお喋りをしつつ、チョコをつまみつつ(これが美味しかった。スイスのなんちゃらチョコ。笑。コーヒー豆入り。)1時間ほどかけて完成。ユキコさんのお手伝いをと思って作ったのですが、「持って帰っていいわよ~」と。作ること自体がとても楽しかったので満足していたところに、思わぬ嬉しい収穫。うほほほ。ありがとうございます。美味しい夜ごはんまでちゃっかり頂いた後、また市の中を通ってクランツ用に蜜蝋燭4つを買いました。クランツには自然な色合いの蜜蝋をわたしはいつも選びます。香りも好み。帰宅後、釘を付けてクランツに差し込みました。ちょっと蝋燭が大きすぎて折角の綺麗な緑や実の赤が隠れてしまっています。うは。

時間的には下から上への流れ。
1. 本日点灯
2. 出来上がったクランツ↑
3. ユキコさんと作っているところ↑