Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
Img20040404025849
 今年のエイプリルフール、彼にメールで嘘をついてみました。彼は長い休暇を利用して久しぶりに1ヵ月半帰国しています(久しぶりとは2年ぶり)。帰国してから、メールを数回交わしたくらいで電話で話すこともなかった状況で、むふふな嘘。顔も反応も何にも見えないメールでの嘘吐きは、こんなにワクワクするものなのか。笑。初めてエイプリールフールを楽しんでる自分にぷぷぷ。世間のイベントに興味のない彼なのでひっかかると思っていたけれど、あっさり「ふーん」だの「あほ」だの言われると面白くないよなーという想いもあってワクワクだったりドキドキだったり。わっはっは。
 結果は昨日、久々の電話で聞きました。「ちょっとねじれた。」らしい。“ねじれた”って何よ?日本で流行っているのでしょうか、ボキャブラリーが増えてる。笑。とりあえず、ひっかかったみたいです。よっしゃ。それから話はいろんな方向に飛んであっという間に1時間。話は尽きないけれど、まぁ程々に。来週末には再びドイツですし、つもるはなしはゆっくりとまた。この1時間の電話代は300円ほどです。とても安いプリペードカードを使っています。携帯にかけても1分30円ほどです。便利な世の中。
 昨日はもうひとつ久しぶりなことがありました。和種だと思われる満開の桜の花を観ました。枝垂桜だと思うのだけど、あまり枝は垂れてはいませんでした。ん?だったら枝垂れじゃないのか。笑。濃いピンクがとても綺麗で、しばし見とれました。ドイツでは桜=サクランボ、Süßkirsche甘い桜です。食べられないのはSauerkirscheすっぱい桜。桜を見ながら友だちがどっちだと聞いてくるので、すっぱい桜だと答えたらややガッカリしていました。それがもし甘い桜だったとしても、よそ様のものです。笑。


1. なんちゃらという。おしえてもらったのに忘れてしまった…。
2. 見とれた後に撮った1枚
3. 汗ばむほどの暖かい日だったのだけれど、木陰はひんやり。
Img20040410083658
 夕方からクリスティーネんちでエドゥワーと3人でご飯。クリスティーネが作ってくれたペルー風魚のマリネ(美味!)。学校のこと、将来のこと、農のこと、社会のこと、溜まっている宿題の山のこと(笑)など、いつもとそう変わらない、ベラベラベラ。でもなんだかいつもよりも静か。まったりと落ち着いて時は流れて、わたしの心にも静寂が。今日はイエス受難の日。街も休日でとても静かな一日でした。
 明日の夜には彼が日本からドイツに戻って来ます。空港からこちらに直接来る予定。実はいつ帰ってくるのか、ほんと憶えられなくて困りました。彼には何十回と同じ質問を浴びせてしまって…。苦笑。いつも尋ねる度に「今回はもう憶えた。」と思うからメモしなくて、で、しばらくすると、やっぱり記憶があやふやというパターン。週末に帰ってくるという記憶は初めからあったのだけれど、「あれ?金曜日だったっけ?土曜日だったっけ?それとも日曜?」となぜか知らない間にいつだったか忘れているというかんじ。で、結局一昨日のメールで最終的に土曜の9時頃だと教えてもらって覚えられたしメモ(メールに記録)してあるという…。やっとこさ。。。
 一気にいろんなことをやっている時は特に、とても簡単なことでもできなかったり、忘れたり。今回はあまりにも酷かったので、さすがに反省しました。そして、何度も何度も何度も同じ質問をしてもまったく腹を立てなかったし、イライラしなかったし、ウザがらなかった彼に、多く学びました。だんけ。(質問されたことを忘れてるのかもしれないんですが。笑)わたしだったら3度目尋ねられた時点で「同じ質問3回目。」「2回目聞いた時なんでメモせんかったんよ。あ~ん?」とグチグチ嫌味交じりに言うに違いありません。ああ、“心の優しい穏やかなおにぎり” (Click!)  http://fm8283.cool.ne.jp/onigiri/にはまだまだ…。

 クリスティーネのキッチンで。
Img20040418072614
 電車に揺られてドイツでのわたしのふるさと、エンゲンという田舎町に3日間だけ里帰りしていました。そんな短い期間だとバタバタするだけだし移動時間が結構かかるので疲れるからやめようかとも思いつつ、彼に背中を押され牛に呼ばれて(空耳との噂有り。)勢いで行ってきました。何をしたというわけでないけれど、知り合いに会ったり、牛と戯れたりしてのんびりできました。
 この写真の牛はウルスというオス(去勢済)なんですが、今まで会った牛の中で一番人懐っこい牛です。擦り寄ってきて「遊んでくれ」といいます。何にでも強い興味を示して近づいてクンクン匂うんですが、危うくカメラを鼻水でべちょべちょにされるところでした。笑。ウルスは撫でていると(角と角の間のあたりや首の下が牛の好み。ゴリゴリ掻いてあげます。)次第次第に額をこちらに押し付けてきて、いつも終いには額の部分をぶつけてくる仕草をして力技を使った遊びをしたがります。暴力的に響くかもしれないんですが、角と角の間辺りを力強くがつーんと蹴ってやったら嬉しがります。でもこっちがそういう技を使い始めるとウルスはもっと強くぶつかってきたくなるので、本気になる前に毎回早めに退散。本気でこられたら危ないです。半年前はずっと遊んでても大丈夫だったのですが、んー、しばらく会わないうちにとてもたくましくなりました。(母心。笑)次会う頃にはもっとパワーアップしてるんだろうなー。てか、力強すぎて遊ぶと危ないかも…。
 さて、明日からはまた教育実習のため本拠地を離れます。(ネットできるかどうか分からないです。)学校+附属ファーム。牛や馬をはじめとする動物や畑などがあるところでこれまた楽しみです。行ってきます。

 写真を撮ろうとするとカメラに接近してきます。気になってしょうがないらしく、誰かがかまってあげている時でないと全く撮れません。かまってもらっていてもしっかりカメラ目線なウルス。