Diary    Clip    Mobile    Info.    Table  
Img20040101220029
あけまして おめでとうございます。
こちらの新年0時は毎年打ち上げ花火や爆竹で賑やかです。
花火はどっかーんと大きいものではなくて、小さなものを個人で上げます。
待ちきれない子どもたちが30日ころから爆竹を鳴らしてはしゃぐのも恒例。
(できればもうちょっと我慢してね、子どもたちよ。)
わたしは彼と年越し蕎麦、年越しお茶、年越し熱唱大会の後
0時少し前にダッシュで身支度を整えて外に出るとぴったり0時!おめでとう。
みんながパンパンすごい勢いで花火を上げ始めました。
爆竹も道路いっぱい!こわーっ…歩けないっちゅーの。
30秒で散歩を諦めてうちに戻りました。早すぎ…


1. 階段の踊り場から見た花火。去年よりよく見えました。
2. 年越しお茶+砂糖がけしてテカテカ光るアーモンド。名づけて”大学アーモンド”。
3. 年越し熱唱。ビートルズと古いアニメソング中心。はまったのはウルトラマンのテーマ。
Img20040104232722
 1日に書いていませんでした、今年もどうぞよろしくお願いします。

 このところ勉強や読書なんかが夜になるとはかどるので、夜型生活が続いていています。「冬休みだから」って毎日寝坊して朝きたら10時、11時。今日は正午前…明らかにダラダラしすぎです。陽気に朝ごはんでも作ろうかと起き上がると、時計は12時に向かって驀進中。針の進む速度が3倍に見えるくらい驚きました。もっと早く起きたかった…あーーん…って、昼ごはんやん、もう。目覚めた時薄暗くてまさかそんなに眠ってしまったとも思ってなかったのでショック。目覚ましは8時にセットしていたのー…9時には出かけようと思っていたのになー…なんて言い訳が空しいです。気合が足りんのです、気合が。
 薄暗かったのは雪のせいでした。この辺(フランクフルト周辺)は雪が全然降らないところなんですが、珍しく雪景色を窓から楽しんでいます。うちのキッチンの窓によく飛んで来る鳩は、普段せわしなく餌をたべたり飛んだりしているのですが、この雪のせいか、今日はじっと窓辺に座っていて、体を縮めていました。実はあまり鳩って得意じゃないんですが(クチバシや爪がこわいんです。)毎日ここの窓にくる鳩には情が移っていて、かわいがっています。あ、かわいがってというよりも、かわいく見ています。今日の縮まり方もかわいくて暫くながめました。そっと驚かさないように後ろから(部屋の中から)写真もパチリ。鳩、寒そう。
Img20040106070306
 お昼過ぎ、やろうやろうと思っていた大掃除をついに決行。窓はもちろんのこと、シャワー室の排水溝の奥底も、換気口の網も、普段気になっていたところのヨゴレを(ちまちまと)やっつけました。これで去年のヨゴレとやっとおさらば。やりました、井上!
すっきりさっぱりでようやく本気の新年。申年さんいらっしゃい。

 掃除後のお茶。今日はアールグレー。切られたりんごと半分に割られた胡桃がテーブル中央にずらーっと並べられていました。ぷぷぷ。並ぶとかわいい。このりんご+胡桃は彼が夜な夜なわたしの目を盗んでコソコソ食べるおやつ。(なんで目を盗むんだ?)今日は初めてわたしにも分けてくれました。りんごの酸味と胡桃の甘味が口の中で不思議にまろやかに出会います。この組み合わせ、なかなかいけます。
 ぷぷぷといえば、彼がロウソクに使用済みマッチを垂直または水平にくっつけること。かなり気に入っている様子。しれーっと付けちゃってます。最初見たとき「なんじゃこれ?」と外してしまったんですが、彼には何も言わずにいたら、それは元に戻され(一番下の写真)今やどんどん増えて家中のいろんなロウソクに付いています。どうもよく見るとこれがかわいい。必ず一本のロウソクに一本。ぷぷぷ。一本であることがきっと男の美学なんでしょう。ぷぷぷ。見れば見るほどおかしくて、ぷぷぷ。くっつけているところを想像して、ぷぷぷ。しかし、何でそんなことを思いついたんだか…。
Img20040107093203
 明日は(あ、もう今日です。)彼が本拠地Stuttgartシュトゥットガルトに戻ります。サウナ屋目当てについていくつもり。うひひ。
 冬休みの間実家に帰っている同居人ブレーキさんの部屋から、勉強がはかどるようにと机をかりてきてわたしの部屋に置いていたのですが、それを今元に戻したら急に休みも終わったような気分。まだもうちょっと休みはあるんですが。広くなった部屋がちょっとさびしいかんじ。
 細かいミルクの泡たっぷりココアがしばらく飲めないのもさびしい。(そっちのほうがさびしい。食い意地バンザイ。)自分で作るとどうも美味しくないのです。むむーっ…。泡が荒いし、カカオの量も解け具合も、砂糖の加減もうまくいかんのです。丁寧に作らないのが原因?いや、センスか?ココアを飲みながら、ほんとに休みが終了した気がしました。
Img20040111075549
 教育実習のため明日から家を離れます。実習先 (Click!) は同居人アクセルの実家のそばなので1ヶ月ほどアクセル家にお世話になります。色々持ってくべきものがあるし、持っていきたいものがあって、どう考えても荷造りに時間がかかりそうなので、早く始めようと思っていたもので、昨日の朝、納戸からトランクを出してきました。でも結局一日中そのまま。(やっぱり。)下の写真の状態のまま放置。今日も今日でなかなか気が乗らず、22時まで手をつけず放置。部屋にトランクを置きっぱにしていると、なにかにつけ邪魔でして、何かを取ったり戻したりするたびにごろごろーごろごろーと転がして、約二日間50cmほどを行ったりきたり。で、やっと先ほど荷物入れ始めました。うーん、でも30分でくたびれました。ぷふぁーっとりんごジュースで休憩。只今上の写真のように散らかしっぱなしです。(ぐちゃぐちゃで失礼)ああ、もう一息。
 わたしもアクセルも今回のように実習や研修旅行などで、長く部屋を空けることが年に何度もあるので、わたしたちのWG(ヴェーゲー=共同住まい)には植物がありません。数週間、長い時で一月半も二人ともいないんです。同じ学校に通っているので同じリズム。同時に部屋からいなくなるのです。二人とも好きなんですが残念ながら置けません。この辺は化学工業地帯で、ステキな自然の風景がないので(朝も爽やかじゃないくらいのヤな空気)部屋だけは緑になんて思うのですが、家を空けることが多いとなかなか難しい。気休めのように、去年自分で株分けした(学校からもらってきた)ちびサボテンと、これまた自分で株分けしたベイビー多肉植物をキッチンに置いていますが、やっぱり生活には緑が欲しいもんです。アクセルの実家は裏が森だということなので、爽やかな空気が吸えそうでうれしいです。久しぶりすがすがしい朝を迎えられるのかな。いひひ
 では、いってまいります。きっとアクセルん家でもネット少しはできると思います。
Img20040115023329
 教育実習が始まりました。アクセル家から学校までバス通です。車で15分ほどの場所なのに1時間半ほどかかります。乗り継ぎ2回、毎回待たされっぱなしです。学校近くのバスは10分に1本あるから困らないけれど、ふたつ目に乗るのは30分に1本程度、最後にアクセル家に向かうのは異様な少なさなので、最低1時間、長くて2時間待つことになります。ひとつ乗り遅れると大変です。最終バスも20時頃で早すぎ。実習始まったばかりなのにバス通いがかなり億劫です。アクセルが学校まで近いって言ったのは「車で」ってことなのね…。って、普通近いって言わないよ、バスで1時間半のとこ、アクセーーール。本人まったく悪気がないので、まぁしょうがないっす。笑
 昨日はこのバス通いで早速、朝からハプニング。2本目のバスに乗って5分ほどしたところでバス終点。もっと長く乗らなきゃなんないはずなのに、なんかおかしいんじゃない?ヒゲ運転手さん(鼻の下のヒゲがキュート)に「これ、■■に行かないんですか?」って聞いたら「えー、あんた、そりゃ間違ってるべ。」って、そりゃ困ったべ…。親切にヒゲ運転手さんが戻るバスを探してくれたところ、次のバス、19時。そんなんありえんでしょ。あはは。帰る道はわからず、雨降ってるし、まだ夜は明けていないし(昨日の日の出8時15分。雨で日、出てないけど。)で唖然。超苦笑い。っと、ヒゲさん「このバス▲▲まで回送で、そこからあんたの降りる■■方面行きになるから乗ってきなー!」きゃーっ男前!感激です。ありがとうございます。…そしてホッ。回送バスの中で、世間話をしました。たった15分ほどだったのに、いろんなことを話しました。お約束のお天気の話、何処から来たのか、何してるのか、この町のこと、ドイツのこと等。ヒゲさんとたくさん笑って慣れない場所でのバス通で少し硬かった心が緩みました。ヒゲさんが別れ際に「実習楽しんでね」って微笑んだのが、ずっとわたしの中で響いています。もう、きっと会わないであろうヒゲ運転手さんとの出会いをふと今また振り返ってちょっぴり切ないなー…なんて。感謝。
 いい出会いもありながらも、昨日は帰りもバスの乗り継ぎに悩まされ、間違ったわけでないのに乗ってから2時間半かかってたどり着きました。ふぅ。何度も言いますが、ふつう車で15分です。笑。あー、頑張ろ、バス通。

 バスの待ち時間に撮ったものです。ドイツのバスや路面電車の乗り場【H】印。久しぶりに晴れて爽やか。そして、この辺のドイツ(フランクフルト周辺)のおばあちゃんたちの典型的な姿。ベレー帽、小さい斜めがけの合皮バッグ、渋い色のチェックのズボン。小さく写っている子どもの姿も典型的。つなぎのスキー服。毛糸の帽子をかぶった上からつなぎのフードをセット。コロコロ。
Img20040120043649
 金曜の午後から昨日の晩まで再びシュトゥットガルトに行っていました。耳の解剖学の講義とその講義に関連させた音楽・彫塑・言語の集中講座を受けるためでした。今回はサウナ屋おあずけで、休日だというのに早起きもしたりして活動的な週末となりました。
 前日までこの集中講座の朝から晩まで詰まっているプログラムを見ながら「行くべきか、行かぬべきか…」とずっと迷っていました。週末に休めなかったら次の一週間(今週)、体がもたないんじゃないかなんて思って。しかし、1年以上も前からこの解剖学を講義してくれた医師のDr.フーゼマンの授業を受けたいと願っていたし、聴講できるチャンスはもしかしたらこの先ないかもしれないとも考えて、アクティヴな週末にチャレンジしました。
 解剖学、ほんとすっごくよかったーーーーー。というか、Dr.フーゼマン、最高。中味も面白いけど、彼がいい。彼から溢れ出すもので講座の中のエネルギーがどんどん高まっていく、みんなの興味がどんどん深まっていくところが物凄いのです。彼の知識とユーモアと喋りのテクニックと、そして色々な物事への彼の深い興味とそのやわらかい人柄全部が超魅力的。「もっと知りたい、学びたい」とみんなが感じさせられてしまいます。“先生”っていのはこういう人のことをいうんだろうなーと思います。「何を教える」というよりも「この人が教える」ということの方が価値があるという感じ。この人に会えただけでも、来た価値があるかもしれない、なんて思ったりしました。
 今回、この集中講座はわたしの彼の学校の授業の一環で、特別に外部にも若者に向けて開いてくださった講座でした。去年7月の終わりにも違ったテーマでの公開講座があって受講させてもらったのですが、そのときに参加していて仲良くなった数人とも再会でき、また彼の学校の素敵な人たちとも過ごすことができて、とても楽しい時間でした。あ、みきちゃん (Click!) の言ってた『キラキラ星人』たち(笑)です。週末は家で過ごしたいカタツムリ女の私が、かなりアクティヴに過ごしたのに全然疲れなくって、Dr.フーゼマンをはじめ、そこで会った人と、その人たちの作る空気になんだか癒されちゃって、パワーをもらって充電できた週末でした。

 そうそう、通学が少し楽になりそうです。朝はアクセルのお父さんが途中まで車で乗せていってくれることに。ありがたやーありがたやー。帰りは学校から途中のバス停まで、実習生の1人が車で送ってくれることに。→1つだけバスに乗ればいいだけ。あぁ、ありがたやーありがたやー。私の人生、こうやって人に助けてもらってばっかです。ほんと、ありがたい。

 写真は帰り際に撮ったものです。今日雪が降ったので嬉しがって撮りました。がはは。珍しく少し積もったのです。約5cm。明日も振るらしいので、たくさん雪だるまが見られるのかも。
Img20040121235847
 2年生(小学)に配属され、朝のメインレッスン90分わたしもいろいろ子供たちと授業させてもらっています。「フラオ イーノウ~エーーー」と呼ばれるたびにその発音のかわいさに微笑んでしまいます。母音が「おうえ」と並ぶ言葉がドイツ語にはないので難しいみたい。
 シュタイナー学校はこのメインレッスンの時間に普通2週間から4週間同じ科目・テーマの授業をします。今はフォルメン(フォーム)線画のエポックです。先週の月曜に実習に入ってすぐわたしも前に立って、鏡画からはじまって、担任の先生の提案で日本の文字を教えています。毎日1時間弱もらって「山」「木」「林」「森」「日」「月」などなど少しずつ。その文字の成り立ちを交えてにお話をしてから、一緒に練習をします。書き順も楽しそうに覚えています。それから、その文字を使った鏡画もやってみました。鏡画は、左下の写真のように、あるフォームを鏡に映したらどうなるか(実際に鏡には映さないです。)左右対称あるいは上下対称になるように書いていくものです。(もっと進むと点対称なども。)今回、ここでフォルメンのエポックと関連させてみようと思って、ちょっと漢字を使ってやってみました。本当は日本の文字はどれも左右対称ではないし、とめ・はらいなどが実際大事なので、日本の子どもたちが文字を学ぶためには適当ではないのだけれど、ここでは覚えることやこれから使えるようになることが大事なわけでは全然ないのでOK。「木」を教えた次の日に一番上の写真のように鏡画をしてみると、子どもたちは出来上がった「木」のような形に飛び跳ねて「昨日やったやつだー!」と喜んでいました。ホントに椅子から立ち上がってぴょんぴょんと。くーっっ、かわいいったらありゃしない。
 来週からは算数です。計算をドイツ語でするのって超苦手なので練習中。15+28=43、7×6=42とか。むずかしー。。。子どもの方がわたしより絶対に早いです。

 わたしの練習用ノートです。子どもたちが書いたものの方がおもしろいのだけど。

 シュタイナー学校のサイトよりフォルメン線画へのリンク(画像)を少し
 フランクフルト (Click!)  ハンブルグ (Click!)   (Click!) 
Img20040131074327
 あと1週間で実習はおわるのですが、どうしても要る物があって自分のWGに戻ってきました。週末にバタバタするのは嫌だなと思っていたけど、ここのところ疲れているので自分の部屋に着いてなんだかホッとしました。この静かな部屋が好きです。この週末、ゆっくりしたいです。
 実習がらみのこともあるけれど、今、他にも自分にいろんなことがどどどーっと押し寄せてきていることから、感情も思考も意志もフル回転で疲れ気味です。もやもやしたり、ストレスだったり…。低空飛行中。
 この実習が始まる前の日、久しぶりに実家に電話したら母が出てきました。実習行ってきますと実習中の連絡先の報告くらいであまり話しもしないで切りました。極々まれにしか電話をしないので本当はもっと話すべきことがあったのだろうけど、疲れた自分に母の声がしみこんでいくような癒されるような想いで、なんだか心がいっぱいになって少し泣きたくなって急いで切ってしまいました。切った後、今までこんなこと一度もなかったから、驚きもありながら「あー、わたし疲れてるんだなぁ…。」と。(だからといってホームシックにはならないんですが。)
 暫くはこのすっきりしない状態が続くのは確かです。でも日々進んでいるのは自分ですごく感じています。壁にあたりながら、迷いながら、心揺れながら前へ。
 お世話になっているみんなに感謝。

 朝8時前、夜明けの空と雪の日の午後。

 43
In winterlichen Tiefen
Erwarmt des Geistes wahres Sein,
Es giebt dem Weltenscheine
Durch Herzenskräfte Daseinsmächte;
Der Weltenkälte trotzt erstarkend
Das Seelenfeuer im Menscheninnern.
(Der antroposophishe Seelenkalender)